マネースクール

日本ではお金に関する授業というのは義務教育で習うことは無く、高校や大学の専門科目となった時に初めて行うことが多いです。しかしお金の問題というのは、本来一生考えることであり、欧州では子供の頃から学んでいる内容となっています。お金について考える機会を作り続けることは人生設計を考える事に繋がりますので、本当は子供の頃から考えるべきことなのですが、お金儲けはいやしいという考えが、日本にはどこか流れており積極的に学ぶ機会を奪われていました。ここで間違えてはいけないのは、儲ける方法と運用する方法を正しく循環させることは、社会の血液循環と同様で大切なことなのです。儲けることは何かをするためのエネルギーであり、運用方法とはエネルギーの上手な運び方なのです。このお金はいやしいという考え方を外すことがマネースクールのまず第一歩です。

マネースクールに通うことでどんな商品があるのかを知る

マネースクールに通うことで、今、世の中に乱立しているお金の運用方法がそもそも何を示しているのかを理解することができます。お金は現金や預金だけではなく、不動産や金のように物質として存在するが価値は上がり下がりするものや、株やFX、外貨のように実態のありかがあやふやだが世に流れているものなど、このような商品を理解することができます。またお金の流れを理解することで、社会の自分のありようまでも理解できるようになる人もいます。そこまで壮大な話を理解する必要はないですが、例えば単利と複利の違いを正しく理解しているか、していないかで預金や借入をする時に、色々な角度から考えて金融機関を選ぶことができます。知っていると知らないでは、ここで得る事ができるお金を手に入れられるかどうかの分かれ目になるのです。

マネースクールに通うことで生活を守る

お金は非常に大切です。現代社会の中で何をするにしてもお金を必要とします。増やすことを目的とするマネースクールもありますが、今の財産を守るためのマネースクールも存在します。税金対策、今後の世情の動き、新しくできる制度など、世の中の動きに合わせた講座が開かれます。よく言われることですが、税金はきっちり徴収するのに、給付金などは知らせる事すらなく、受給する側が申請しなければ受け取れず権利が発生した時期までさかのぼることは無いという話ですが、知らなければ受け取れず取られていくばかりになります。自分の財産を守るために勉強をしに行くことに悪いことはないということです。ただその場で商品の購入を勧められるようなスクールは、得た知識にウソは無くとも偏りがあることを疑うべきです。もっとも少しかじった程度では世のお金の流れを勉強したとは言い難いので、常に勉強が必要な分野でもあります。